2019学生展 実行委員投票

2019年開催のアカリ・イマージュ学生照明展の様子

投票のお願い

すでに決定した受賞作品を除いた作品の中から、企業賞の決定をお願いいたします。
(賞作品は背景がグレーになっています。)

 

< 写真はクリックで拡大します >

No 写真 タイトル コンセプト
1 Potato starch
【審査員特別賞】
積雪の少ない地域に住んでいる私が
積雪の多い地域を想像して
私の思う雪景色をつくりました。
実はこの雪 片栗粉です…
2 BIG PAN 存在が目立つ巨大なペン
胴体が光って書いたものを光らせる
光って、書いて、光る
ブラックライトの下で蛍光ペンで夢を描いたら
夜も楽しく過ごせそうだね…
3 大河の流れ 時の流れと川の流れをかけて
作品をつくりました時も川もただ流れているだけですが
そこにある色んな思いを心で感じることは
きっと何よりも大切なことに気づかせてくれます
4 和鶴 日本の和の美しさを表現した作品
金屏風が光り輝き、その光を浴びる折り鶴の存在感を際立たせる
伝統的な日本和柄を入れ替えたりすることで様々な変化を楽しめる
5 刀~Katana~ 日本刀といえば鋭く美しい。しかし、光を浴びると鈍く光る。
この対照的な日本刀ならではの美しさを、照明に落とし込んだ。
刀の刃の部分を照明にすることによって、刀自ら光を放つ。
現代的な電気と古典的な刀がなんとも不思議な光をつくってくれる。
ただのプラスチック板だがどこか畏怖を感じる作品となっている。
6 ~光ある夜~ ここは小人達の住まう木の家。
人間の捨てた電球を拾った小人達は、その眩い光に魅入られ、
それを家まで持って帰ったようだ。
光ったり、消えたりする不思議なガラスの玉を神々しく感じた小人達は
家の上に電球を配置し、それを崇めたそうな。
電球という存在を得た小人達は、電気という存在も知ることとなり、
小人達の家にも、光が灯る事だろう。
7 KIMI no Light
【優秀賞】
美味しい目玉焼きになる前に、きみはライトになってしまった。
最近、休日によく目玉焼きを作るのだが、
起きた直後の寝ぼけ眼には卵の黄身のオレンジ色が
より鮮明に感じる気がする。
そんな朝ご飯をそのままモチーフにした
ふしぎなふしぎなへんてこライト。
8 YUZUOKE
9 Freezing Bubble 冷気に晒されたシャボン玉は
羽根を折り重ねたような結晶で包まれる
それは脆く、儚い自然の芸術
10 砂水面 水面のような光に包まれ、あの日の記憶が蘇る。
無邪気さと好奇心を忘れない、思い出はこの光と共に。
11 七色の耀き 万華鏡のように、キラキラ輝き、変わり続け、
ずっとそこに居たいと思う。そんな空間があったら…
12 【ポピュラー賞】
13 ho^zuri
【最優秀賞】
寄り添う。ともる。
2羽の鳥が寄り添うと、優しくひかりがともる。癒しのスタンドライト。
14 花に夜
【優秀賞】
花 は日が当たっている時が「花形」だ
夜はしおれる
だが夜の花は文字通りしおらしく、またそれが愛らしい
その様に花の「命」を感じる
人間と同じく命を持つものとして、親しみを感じ、魅了される
そして私は花に夜のまとい方のひとつを与えようと考えた
15 Experoment 今回私たちは照明をデザインすることをきっかけに
「光と色がどのように関係し、インテリア空間に
反映できるかを実験する。」をテーマに計画しました。
実験というワードから試験管を使用し、
中の着色水が重なる表情などを様々な角度から楽しめる
照明に仕上がりました。
16 Cap In Cage カップに差し込む光で出来る陰から着想を得、
持ち運びできるスタンドライトを考えた。
デッキテラスやベッドサイド、リビングなど場所を選ばない。
照明でありながらコースターとしての要素を含み、
スタンドライトとしても吊るしても
インテリアとしてだけでも楽しめる照明。

 

学生展人気投票フォーム

下記より作品を選んで送信してください。お一人一票でお願いします。